更新情報

悪いことに思える時も。

こんにちは♪水曜日担当のsatokoです。
悪いことがあると嫌ですよね。
だけど、一見悪いことのように思えても
本当はうまくいっている。
そんなことってあるんです。

 

わたくし先週、段差に足をとられて
見事に転びましてね・汗
転んですぐは平気だったのに
その夜、激しい痛みで歩けなくなりました。
痛みでほとんど眠れず朝を迎え
おそるおそるベッドから降りると…
あれ?歩ける!!
思った以上に回復していました。

その驚異的な回復には理由がありました。
かかりつけのカイロドクターによると

 

熱が出たり炎症が強くなると
症状が悪化したように思えますが
そうじゃないんです。
体が治ろうとしている証拠なんです。
治る過程では大切なことで、
鎮痛剤や解熱剤は本来は逆効果なんですよ。

 

腫れてる時は、冷やすよりも
体温を上げて、血流をよくして
白血球を増やしたほうが
本当は早く治ります。
冷やせば患部の痛みは減りますが
結局、治るまで長くかかります。

 

ってことらしいのです。
そういえば、お風呂に入った後、
急激に痛みが増して歩けなくなりました。

 

歩けなくなって、どうしよう!って
とても焦ったし仕事のことや
色んなことが頭をぐるぐるしました。
でも、その炎症のおかげで翌日には
ものすごくよくなって回復も早くて
仕事に支障が出ず、事なきを得ました。

 

これって、体だけではありません。
ひとつのところだけ見ると
うまくいっていないように思えたり
悪化しているように思えることも
もっと全体から見ると
うまくいっていることって実はあります。

 

痛みを恐れすぎると
気づけないこともあるかもしれません。
苦しい時期は飛躍の兆し。
そう思うと踏ん張れるなって思う今日この頃です。