更新情報

悲しいと嬉しい

月曜日担当の渡辺真紀です。

すごく嫌なことがあった時、イライラや悲しみ、怒りに振り回されて、吠えたり、当たり散らしたり、相手にぶつけたりすることってあるじゃないですか。

花咲塾にご縁のある方って、結構ご主人とのことでとか、お子さんのことでとか、ママ友とのことでとか、自分の母親のこととか、とにかく近しい人間関係で悩んでいる方が多いんですよね。

で、近しいからこそ相手にこの思いをわかってもらいたくて、伝えたくてエスカレートして派手な喧嘩になったり、大きなトラブルになったりするんです。

で、少し冷静になってみて、「こんなじゃダメだ」と怒りや悲しみに振り回されないようにしたいと頑張っちゃうんです。

健気なんです。

健気で頑張り屋。

そうして、なんとか怒りをコントロールしようと心を凪の状態にしようと頑張ります。

無の状態にしようとするんですね。

この「無」の状態。イメージからすると、瞑想みたいな感じかしらね。

私もそうやって怒りを鎮めようとしていた頃があるので、お気持ちとてもよく分かります。

でもでもでもね!

この無の状態というものを、素人判断でなんとなくやっちゃってみると、えらい目にあうから気をつけてください!

凪の状態というのは、怒りを感じないように、何も感じないように無?もどきな状態とは違うんです。

 

この無もどきな状態になると、心ってどんどん不感症になります。

 

どうなるのかというと、
怒りも湧かないけれど、嬉しいとか楽しい時のココロオドル感覚もなくなってしまいます。

そうなると、もうこれは鬱まっしぐら。
病気になってしまいます。

私もね、この病気になったこと、あるんです。

「あ〜、このバスの後輪に巻き込まれたらラクになるかしら〜」って、車道に吸い込まれそうになったこと、何回もあります。

怖〜い!

大きな悩みや苦しみの中で、湧き上がってくる感情(気持ちと感情は違います。これまた別の機会にお話ししますね)が手に負えないくらいになっているならば、一人で抱え込まないようにしてください。

 

そのネガティブな感情を感じないようにすると、嬉しいことも嬉しくなくなってしまいます。

それって、人生楽しくないでしょ?

どうせなら、楽しい人生を送りましょうよ。

 

バスの後輪に吸い込まれたくて、車道に引き寄せられていたことのある私ですが、今はこんなに元気です。

こんなに人生を楽しんでいるし、

あなたのお役に立ちたいなとも思っています。

どうか、あなたも諦めないで。

あなたにも幸せな人生の一歩を踏み出してほしいと思います。

 

花咲卒業生さんからもらった言葉です。

大切な宝物です。