更新情報

自分の感情は、自分の責任

 

感情には自分で責任を持つ必要があります。

しかし人は、無意識で責任を取らない手段をいろいろいろ使いこなして生きている。

 

滑稽。

 

自分自身の感情なのに、誰かの付けた解釈にすり替えても完了は起こらない。

確かに、一次的には治まる。

 

でもね。

 

自分自身が自分についている嘘に気づかなければ、区別すらもできない。

あ、これ全部自分のこと。

 

o0480036013576375301

 

肉体を持ち、この三次元、この過渡期の日本に生き、現実の質を体感するごとに、最初意味不明だったアイアイ講座のマニュアルが、本当に過不足なく素晴らしいと、いよいよ、いえ、さらに気づく!

人生には失敗もあれば、しでかしてしまうこと、誰にも起こります。

時に、相手から不本意と感じるコミュニケーションが届くこともあかもしれない。

そんな時、何かを責められたと解釈し、

逆ギレても、自己正当化しても、

相手の落ち度を指摘しても、

喉元過ぎるまで静かにやり過ごしても、

好転は起こりません。

相手が責めてたとしたら尚更です。

 

必要なのは、ディブリーフ(反省とフィードバック)。

そして、再創作。

 

大事なのは、相手の理解を得ることでも、相手を理想にコントロールすることでもなく、自分がざわついている理由を見つけ、そのことを完了させること。

人生には、面白くない事もたくさん起こるけど、そのステージを完了し、上昇するための卒業試験みたいなもの。

けしてネガティブなことではなくて、その後の人生に役立つ宝以外の何物でもない。

偉そうに言ってるのは、全部自分のことだからわかる。

あなたに厳しいのは、私であるあなたを信じているから出来ること。

 

合掌