更新情報

誰にでもある時期

なにもする気がない。

たまには、そんなときもあるでしょう。

でもそれは後から振り返れば、せいぜい一時的なことじゃないですか。

これからずっと成長していく物語の、たった一部ですよ。

なんでいちいち焦ったり、傷ついたりする必要がありますか。

/吉田松陰
8888
「何もしたくない時あるよね?」「ある、ある~」人には偉そうにそう言うのだけれど、自分に気力がみなぎらない日、そんな日もあるさとは思うけど、休んでいるわけにはいかないやん!と動く!そうして、やる気~の起きないまま、心ここに在らないで動いていると、どこか抜ける。そしてそんな自分に自己嫌悪。そんな中で見つけた冒頭の松陰先生のこの言葉が身に沁みました。

 

私の通常スケジュールは、朝から晩まで尻かっちんの2講座、3講座は当たり前。多い日は4講座が入っている。講座のみならず間に隙間なくミーティングが入ってくる。質が悪いのは、こうして動いていることが私には楽しくておもしろくて仕様がなかった。『他に日程が合わないんだから仕様がないじゃん』という心の声。そうして自分の生活を省みないで、身体の声も聴かず、言う事を聞かなくなってきた身体を騙し騙し過ごしてきた。
そしたら、倒れました。血液検査では肝臓の数字が正常値の10倍超え、白血球もすごい数字!!電車の中で天井が廻る、廻る、廻る…
先週は身体さん達からの強制終了を余儀なくされ、点滴とお粥さんの謹慎生活。4日間のお休みを頂きました。(ご迷惑をお掛けした皆様本当にすみません)

日常無視していた身体の声に耳を傾けると、でてくる出てくる身体さんたちの悲鳴。。。
身体が元気じゃないとやる気~が起こらない。
そこで【生活改善】決めました!

☆食を見直す。自宅にいる時はご飯を炊く!
☆仕事を入れない日をつくる。

欲張ると続かないから、先ずはここからやります。

皆様も身体の声に耳を傾けてねん♡